会計事務所の求人を探す|ネットを有効活用しよう

男性

会計関係の仕事

電卓

転職に際して注意すべき点

会計事務所が出している求人に応募する際には幾つか注意すべき点があります。まず第一に募集している職種に求められている資格の有無を確認する必要がある事です。監査法人を含む会計事務所で出している求人には大きく2種類があり、一つは公認会計士という国家資格を有する人のみが行う事が出来る業務を担当する職種と、もう一つは公認会計士資格が不要な事務スタッフです。公認会計士の資格がない場合は、前者の職種には応募できないので注意が必要です。但し、最近では企業の会計業務の効率化等をアドバイスする会計コンサルタントの募集を行っている会計事務所も多くあり、このコンサルタントの求人の場合は公認会計士の資格を持っている必要がありません。

職種と仕事の内容

公認会計士の資格を持つ人が主に担当する業務は企業の監査業務となります。監査業務は企業が提出する財務関係書類をレビューし、その数字が会計基準に則って作成された適正なものであるかを監査する仕事です。次に会計コンサルタント業務ですが、こちらは企業がビジネスを行っていく上でより適切な会計業務を遂行できるよう、経理システムの導入を推奨したり、企業のガバナンスの在り方についてアドバイスを行う業務となります。公認会計士の資格は必要ありませんが、顧客との対話を密に行うコミュニケーション能力や斬新なアイデアで提案を行う発想力が求められます。最後に会計事務所の事務の仕事ですが、こちらは会計事務所の運営をサポートするスタッフの求人となります。