会計事務所の求人を探す|ネットを有効活用しよう

男性

繁忙期対策は早めに実施

計算する人

募集活動は早めに

会計事務所の繁忙は年明けから5月頃までです。そしてそのあとは閑散期が続き、秋口から年末にかけてまた忙しくなるサイクルになっています。その理由は会計事務所は会計に関する資料の作成や準備を中心に行っているからです。年末から春先にかけては確定申告の時期や決算期を多くの会社が迎えます。そのためこの時期が一年の中で一番繁忙になるのです。繁忙期には人の手が不足します。そのため求人もその時期めがけて経験者を募集する傾向が強くなります。できる限り有望な人材を求めるため、秋口の早い段階で繁忙期に向けて採用求人を出す会計事務所が多くなっているのも特徴の一つです。経験者を採用するためには、できる限り早い求人を行う事が最も効果的な方法となります。

未経験者の採用は早く

人員不足の状態で繁忙期を迎えると社員一同が大変な思いをします。そのため求人数を満たすように採用活動を始めるのですが、未経験者の採用を行う場合には、経験者採用よりも早めに動くことが大事になります。会計事務所の仕事は専門的な内容が多いため、即戦力になる人以外は育成に時間がかかります。そのため育成時間を加味して繁忙期には独り立ちできるようなスケジュールが必要になります。繁忙期に育成を行う暇はないため、それまでに手がかからないようにしておく必要があるのです。会計事務所の取り扱う内容によっても採用は異なります。確定申告など税理上の手続きや決算資料の作成など幅広い業務知識が必要になるため、どの分野の人が不足しているのかを事前に見極める必要があるのです。